節分祭年男年女奉仕者を募集しています。

節分祭年男年女の募集

節分祭

2月3日 節分祭 年男年女の募集

恒例の節分祭追儺式(ついなしき)に年男年女として奉仕下さる方を募集しております。


年男年女 募集詳細

年男は干支(戌歳)の方だけでなく、干支に関係なく一年間の厄払いとしての参加もお受けしております。

節分の豆まきの様子
  • ① 節分祭期日
  • 平成30年2月3日(土) 午後1時半より4時までの予定
  • ② 募集人数
  • 80名
  • ③ 初穂料
  • 金壱萬円也
  • ④ 服装
  • 和洋いずれでも可
  • ⑤ 申し込み期日
  • 1月25日
    ※期日までに「住所」「氏名」「年齢」に初穂料を添えてお申し込みください。

沼津日枝神社 節分祭

2月3日、沼津日枝神社では節分祭が開催されます。
節分祭では、厄払いとして年男年女のみならず一年の厄払いとしてお祭りに参加しご利益をいただく行事です。

山王さん節分祭
  • 節分祭り豆まき001
  • 節分祭り豆まき002
  • 節分祭り豆まき003

※ 小さな画像にマウスを合わせると写真が入れ替わります


節分のいわれはご存知ですか?

節分は「季節を分ける」という意味があり、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日を指します。つまり年に4回ありました。
しかし、日本では立春を1年のはじまりとして特別なものと考えたために、節分といえば立春の前日である2月3日が節分とされるようになりました。


節分に豆を撒く理由は?

節分に行う豆まきは、中国から伝わったと言われています。
豆を撒く理由は諸説あります。

節分の豆
  • ①豆やお米には邪気を払う力があると言われています。その力で鬼を追い払うために豆を撒くようになったという説
  • ②鬼が暴れている時に、神様のお告げで豆を撒いたところ、その豆が鬼の目にあたり鬼を追い払うことができたという説
  • ③豆 = 魔滅(まめ) 「魔を滅する」に通じという考えから

豆まきは、一家の主人または年男が撒くとされていますが、現在では家族全員でというところも多いかと思います。
また、節分の豆は自分の数え歳の分だけ食べると健康でいられると言われています。

TOP

山王宮 沼津日枝神社

〒410-0036 沼津市平町7-24(駐車場有)
TEL:055-962-1575